7月14日 日曜日.
23.9 C
Sapporo
More

    [北海道に住む、暮らす]子供の日とべこもち

    4月に入ると和菓子屋さんの店先に並べられはじめる柏餅と”べこもち”。北海道ではこどもの日には欠かせない季節の和菓子として食べられています。

    形は葉っぱ型が一番多くみられますが特に決まりはなく、お店によって様々。餅といっても、もち米で作られているわけではなく、お米の粉で出来ていて黒糖と白砂糖で甘みを加えた生地で作られていて中には何も入っていません。食感はもちもち感が強くしっかりとした噛みごたえがあって、串団子のような感じ。シンプルながら黒糖のコクのある甘みがとても美味しく、お茶だけではなくコーヒーにもよく合います。

    名前はその響きのとおり、牛の模様に似ているからべこもちと呼ばれていた、という説を信じたいところですが、色がべっ甲色だからと言う説、米粉=べいこを使っていたからという説など諸説あるそうです。

    Share this article

    おすすめの記事

    Recent blog posts