7月18日 木曜日.
26.3 C
Sapporo
More

    マガンのねぐら立ちと早春の朝

    日が登るのが早くなったなぁと思い始めた頃、渡り鳥の季節がやってきました。

    毎日マガンの情報をチェックしていたら、いよいよこの週末に飛来数のピークを迎えそうだったので急遽見に行くことに決定。

    早起きして出発した頃は真っ暗だったのですが、車を走らせているうちにうっすら遠くの空が赤く色づいて見えてきました。

    長い冬が明けて日が早くなったのがとっても嬉しい🌞

    宮島沼

    マガンが飛び立つ時間は正確に決まっているわけではないので、今までのねぐら立ちのデータから一番早かった時間よりも前に着くよう早めに向かいます。

    一番早い時間に合わせて来たもののそれも稀なデータなので、”今日のねぐら立ちはあと30分後くらいかな?”なんて思いながら待っていると、あっという間にその時を迎え数万羽はいるだろう第1グループが飛び立っていきました。

    これは宮島沼に着いてから10分ほどの出来事だったので、ほんとうに早めに準備しておいて良かった。

    そして、なにより初めての体験だったので最初に羽音が聞こえたときは、近くでヘリコプターが飛び立つのかと勘違いするほどの音で。とても羽音とは思えないドドドドドドドドドという音に、自衛隊の早朝訓練?なんて思っていたら湖の鳥たちがスーっと動き出したので、直ぐにねぐら立ちが始まったんだと気がつきました。

    それはもう圧巻の光景で、湖から飛び立った鳥たちはしばらく沼の上をぐるぐると旋回した後遠くへと飛んで行きました。

    凄い音とは聞いていましたが、想像とはかけ離れた音でうっかり飛ぶ瞬間を見逃すところで危なかった。

    一番初めのグループが飛び立った後も、残っていた鳥たちが数分間隔で2陣3陣と分かれて飛び立っていきました。

    普通に考えたらどのグループもそれなりの羽数ではありましたが、迫力は第一部隊が断トツでとても敵いません。

    渡り鳥といえばのV字飛行も観測🦆

    沼にも小さな春の気配

    この日は曇りだったからなのか分かりませんが、日が昇りきってからも沼に残っている鳥たちが多くいました。

    白鳥たちとも仲良し🦢

    雲がかる春の山

    帰りに通りがかった畑に先ほど飛び立ったであろう小隊が優雅に朝ご飯を食べていました🦆

    想像していた以上にとても良かったマガンのねぐら立ち。

    早起きで行くのは少し大変だけど、また見たいと思えるくらい心動かされる景色でした。

    次はねぐら入りを見てみようかな?秋にもチャンスがあるのでみなさんもぜひ📷️

    ACCESS

    MIYALOG

    Share this article

    おすすめの記事

    Recent blog posts